ワクチンについて

当院では小児からお年寄りまでに受けることができる重要なワクチンについて対応しております。
特に乳幼児期はワクチンの種類が多く煩雑であり、以下に接種スケジュールに関して御説明します。

 

予防接種スケジュール

予防接種スケジュール
NPO法人VPDより引用

 

定期接種ワクチン(公費負担ワクチン)  ※該当年齢の方は無料

四種混合ワクチン(不活化):百日咳、破傷風、ジフテリアの混合ワクチンです。乳児期に3回、1年後に追加接種の計4回接種します。

ヒブワクチン(不活化):インフルエンザ桿菌B型に対するワクチンです。乳児の髄膜炎の起因菌で第1位の細菌です。生後2ヶ月から接種可能です。

こども肺炎球菌ワクチン:これも乳児の髄膜炎を発症させることのある細菌で、起因菌として第2位です。これも生後2ヶ月から接種可能です。

麻疹風疹ワクチン(生ワク):1歳になったら接種可能になるワクチンです。特に麻疹ワクチンは重要ですので必ず接種しましょう。小学校入学前に追加接種します。

日本脳炎ワクチン(不活化):3歳になったら接種します。豚にある日本脳炎ウイルスが蚊を媒介として人間に感染します。

ポリオワクチン(不活化):今まで生ワクチンの集団接種でしたが、今年の9月からより安全な不活化ワクチンが開始されます。当院でも接種可能です。

BCGワクチン(生ワク):結核に対するワクチンです。生後4カ月から接種可能です。集団接種です。

水痘(水疱瘡) ワクチン(生ワク):1歳以上で接種できます。

B型肝炎ワクチン(不活化ワクチン)

※ご不明な点は野田市保健センターにお問い合わせ下さい。 電話:04-7125-1188

 

任意接種ワクチン(自己負担ワクチン)

おたふくワクチン(生ワク):1歳以上で接種できます。おたふくは成人してから罹患すると、重症化したり、膵炎、睾丸炎、卵巣炎の原因になったりします。又幼少時に罹患しても不可逆性の難聴になったりすることがあります。

[その他 自治体負担でできるもの]

ロタテックワクチン(生ワクチン)

インフルエンザワクチン(不活化ワクチン)

※ご不明な点は野田市保健センターにお問い合わせ下さい。 電話:04-7125-1188

 

当院でのワクチンの費用

インフルエンザワクチン 13才未満   2,600円 x 2回(要・電話予約)』
13才以上   3,900円』
65才以上   1,000円(野田市在住の方)』
定期ワクチン 無料(期間外の場合は有料になります)
成人肺炎球菌ワクチン 7,800円
水痘ワクチン 7,500円
おたふくワクチン 4,500円
麻しんワクチン 3,500円
風しんワクチン 3,500円
麻しん風しん混合ワクチン 9,500円
ロタテックワクチン(3回) 9,000円 x 3回
日本脳炎ワクチン 7,800円
破傷風ワクチン 1,200円
B型肝炎ワクチン(3回) 『0.25ml    3,800円』
『0.5ml      4,000円』

 

当院でのお勧め接種スケジュール

ワクチン接種開始は生後2カ月の誕生日が理想です。その日に、肺炎球菌、ヒブ、ロタの同時接種を推奨します。
(B型肝炎ワクチンは御希望の方に、当院では同時接種1週間後以降に接種します)

生後3カ月になったら三種混合、肺炎球菌、ヒブ、ロタの同時接種を受けます。
(B型肝炎ワクチンは御希望の方に、当院では接種1週間後以降に接種します)

生後4か月になったら(3か月目で同時接種したワクチンの4週間後)、三種混合、肺炎球菌、ヒブの同時接種を受けます。
その1週間後にBCG接種が理想です。(野田市はBCGは集団接種なので、予定通りに行かない場合もあります)

BCG接種の4週間以降に三種混合接種します。

1歳になったらなるべく早く麻疹風疹混合ワクチンを接種します。

上記は理想的なスケジュール通りに行った場合です。色々な事情で接種開始が遅れたりすることがありますが、その際は当院 スタッフにお申し付け下さい。最も良い接種スケジュールを考えていきたいと思います。(当院では処々の事情によりB型ワクチンは当面は 同時接種はせず、個別対応しております)

*不活化ポリオワクチンについて

H24年9月から不活化ポリオワクチンが開始されます。それに伴って経口生ワクチンは廃止されます。
接種スケジュールですが、生後3カ月から3~8週間の間隔を空けて3回接種します。
追加接種は3回目接種後6カ月以上空けて1回接種します。
経口生ポリオワクチンを1回接種されている方は、接種後27日以上空けて2回目から不活化ポリオワクチンを接種します。
その後は3~8週空けて3回目接種、その後は6カ月以上空けて4回目接種です。
経口生ポリオワクチンを2回接種されている方はさらなる不活化ポリオワクチンを接種する必要はありません。

H24年11月から不活化ポリオワクチン+三種混合ワクチンの四種混合ワクチンが始まる予定です。
従って、9月、10月の不活化ポリオワクチン単独は経過措置という捉え方をしております。今後は四種混合ワクチンをメインにスケジュールしていくこととなると思われますが、それまでは多少混乱が生じる可能性もあるかも知れません。
当院では、当面は不活化ポリオワクチンの同時接種は三種混合ワクチンのみとします。

休診日

2019年 11月
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お休み

午後休診

最近の記事

  1. 予防接種受付
  2. GOODBYE STRANGER

    2016.08.21

PAGE TOP